竹本直哉 Official Web Site

カレンダー

Media

過去の掲載情報はこちらから↓↓

詳細 >>

プレイヤー

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

最新情報

ツイッター始めました
アカウント名は【NaoyaP】です!

レッスン希望の方はnaoyaP@gmail.com まで
ご連絡下さい。
詳細につきましては、3/29のブログ記事をご覧ください。

2010年1月8日、ホームページデザインをリニューアルいたしました

アドバイザーとして協力、出演させていただきました
オリンパスビジュアルコミュニケーションズさまより、スーパースロー3D立体映像を見るだけで、手軽にゴルフトレーニングができるDVD「ビジョンゴルフ 3D」発売中!!

プレイヤー動画をアップしました
皆様のスイングの参考にしてください

「プレイリストを選択」から「アイアン」を選んで再生ボタンをおしてください

2009年8月20日、ホームページをリニューアルいたしました!
過去のブログ記事はこちらをご覧ください

マキロイのフィニッシュがピタッと止まるのと彼のヘッドスピードが速い関連性

マキロイのフィニッシュがピタッと止まるのと彼のヘッドスピードが速い関連性。

ローリーマキロイ選手の1番の武器はドライバーだと思います、飛んで曲がらないあのドライバーは世界トップレベルなのは間違い無いと思います。 マキロイのスイングの特徴としてフィニッシュがピタッと止まる所にあると思います、あれだけのスイングスピードがあってあれだけピタッと止まるのは凄いな〜と思ってたんですが良く考えるとピタッと止まるからあれだけのスイングスピードが出せるんだと思います。ドライバーを含めどれだけ飛ばせるかはヘッドスピードが大事になってきますがどうすればヘッドスピードが上がるか? そんなの簡単じゃん、頑張って振ればヘッドスピード上がるよ!と僕も思ってましたが、色々測定してみると頑張って振ってもヘッドスピードは中々上がらないのに気付きます、それどころか逆にヘッドスピードが落ちる場合も多いです。

まず、ヘッドスピードとはクラブのヘッドが動く速度です。 なのでヘッドスピードを上げると言う事はクラブヘッドが速く動かないといけません。 頑張って速く降る=ヘッドスピードが速くなるでは無いです。これはなぜかと言うと頑張って振る=頑張って身体の回転速度を速くする、または頑張って腕を振る速度を速くするだからです。 そして身体の回転速度が速くなる、腕を速く振る=ヘッドスピードが上がるでは無いです。 なぜかと言うと1つ見逃してるポイントがあるからです、それは加速した身体の回転も腕の振りも減速しないといけないからです。

トップからまず下半身が動きだしますそれに伴い身体が回転します、ですが身体の回転がそのままずっと加速していくと腕が身体に追いつく事が出来ません。 結果、振り遅れます。 身体の回転は加速した後減速しなければ腕が追いつけません。 身体の回転は加速した後インパクト前で急減速する必要があります、そのタイミングで腕が加速してきます。 腕もずっと加速するとヘッドが追いついて来ません、腕(手元)もインパクト前で急減速してクラブヘッドが追いつき追い越させる必要があります。 身体、腕(手元)がタイミング良く減速する事で結果クラブヘッドが加速します。ですが身体、腕(手元)が減速しないとクラブヘッドが逆に加速しません!スイング中減速を意識して振る方はかなり少ないと思いますがもしかしたらあなたのスイングに必要なのは減速の意識かもしれません! マキロイのスイングはもの凄い勢いで加速しますがその後身体、腕がもの凄い勢いでまた減速してるはずです。なのであれだけのスイングスピードなのにフィニッシュでピタッと止まるんだと思います。 あれだけピタッと止まれるほどの身体と腕の減速力があるからあれだけクラブヘッドが加速する訳です。

どこをどう止めるか減速させるかは人それぞれだとは思いますが加速ばかりでは無く、減速を意識して例えばフィニッシュでピタッと止まるなどを意識してみればその方がヘッドスピードが上がると思います。
特に振り遅れる傾向のある人は試してみて下さい!


2017-07-17 17:28:41投稿者 : 竹本直哉
この記事のURL コメント(3) トラックバック(0) nice!

スイング変化

先日日曜日ラウンドだったんですが何年も出来なかったスイングがラウンド中3回ほどでしたが出来ました、僕の場合一番の問題がドライバーなので14回中3回で少ないと思いそうですがこの8年で1回も無かった事が3回出来たと考えると意味が違ってきます。 これまでどれだけ練習しても出来なかった事が出来るというのは本当嬉しいです!

単調な練習は地味で面白くないと思いがちですが成長を感じる事が出来れば地味に見える練習も楽しいと気付かされました。 ゴルフが楽しくないのはそこに成長を感じられないからで、練習がつまらないのは出来ない事ともうやり方を分かってる事しかやってないからだと思います。
スイングを変えるにはまず頭の中でどう振りたいかイメージを作る必要があります。そのためにはある程度のスイング理論も必要かと思います。 次にそのスイングイメージを実際身体で再現させるんですが、ここで大事なのは成功体験です。 1度でも成功させることが出来ると「こんな感じで身体を動かせばイメージに近づくのか」と分かることが出来ます。
ではどうすればその成功体験が持てるか、僕はとにかく成功できるスピードまでスイングをゆっくりにする事が近道だと思います。 どれだけゆっくりでも正しいイメージ通りのスイングが出来る事が大事で100万回フルスイングで出来ない事をやるより1回ゆっくりで上手く出来る方が上達に近づくと思います。
そして徐々にそのスピードを上げていく、というのが僕の考える1番の近道です。

簡単にゆっくり振ると書きましたが、ゆっくり振るのもコツがいるし中々難しいですがほとんどの方が30分40分ほどで少しは出来るようになります。
熟練度があがる程に変化は難しくなりますが、僕が自分のスイングを変えれつつあるのでこれはアマチュアの方にも有効な方法だと思ってます。
是非出来ない事と、もう出来る事ばっかりの練習から脱却してみてはどうでしょうか!?

僕はこの数週間それが出来たような気がします。 もちろんこの身体に染みついた癖は中々完全には変わらないと思いますが練習場、コース、試合と段々と変化、成長を感じられつつあると思ってます。なので今は練習が楽しいです毎日少しづづかもしれませんが出来なかった事が出来るようになってる気がしてるので。

2017-03-28 18:50:31投稿者 : 竹本直哉
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!

MP ドライバー type2 スタッツ

新しいMPドライバーとりあえず打ってみました。 見た感じは460という大きさより小さく見えます、クラシックなMPな感じです。
とりあえず比較対象として僕が今使ってる先代のMP Craft ドライバーも打ちました。
MP Craft ドライバー10.5°, グラファイトデザインQuatro 65X, Iomic Xgrip, 45.3インチ, D2, 319.6g
同じ感じの当たりをそろえてみました。 僕にはこのくらいのスピン量がちょうど良いのかなと思ってます。 最近のドライバーでは一番思ってる球筋になってるのでかなり良い感じのドライバーです。
このシミュレーションの機械の癖としてヘッドスピードは少な目に出ます。多分そうして距離を実際に近づけてるのかなと思います。 それと打ち出し角が高いと距離が出るなという印象です。 ミート率(ヘッドスピードに対してのボール初速)は1.5未満です。 トラックマンだと1.5以上出ますがこの機械の場合1.45位出れば最高な感じです。

スピン量的には2500から2800位までで打ちだしは14°から15°位でしょうか。僕の場合はミート率が低めなスイングなの当たったなというショットで1.4位です。

次は新しいMP ドライバー type2 でシャフトをグラファイトデザインのPT6Xにしました。 こちらは少し短めで45インチ、C9、310.5gです。
シャフトがクワトロと似てるPTなのでそれほど違いは出なかったんですが、バランスが軽くて少しタイミングが取り辛かった分当たりは会心が少なかったです。 ですがミート率はそれほど落ちなかったので少しくらい芯を外しても初速はあまり落ちない感じがします。

最後に少しシャフトを元調子気味のフジクラのSpeeder TS 6Sにしてみました。 長さは45.75インチ D2、313.7gです。
なぜかは分からないんですが最近のドライバーは元気味のシャフトが合う場合が多いんですが、今回も良い数字が出ました。 まずバックスピンが少なくなって少し打ち出しが高い感じがします。 それとミート率1.43は僕の中ではほぼ最高に近い数値です。
少しドローンと飛んで欲しい人には元調子が良いかもしれません、スピンが無いとボールが浮いてくれない人は中から先気味のシャフトでも良い結果が出るかも!?

2年半ぶりのモデルチェンジしたMPのドライバーですが数値と打ってみた感触で言えば、確かに初速は少し速い気がします。 ミスヒットでもそこまで初速が落ちないのも魅力です。 それとカチャカチャなんですが極端な低スピンのヘッドでは無いです、見た目からもですがMPのドライバーという感じは凄く感じます。

どちらかというとクラシックな感じのドライバーが好きだけど、最新のテクノロジーを使った飛ぶドライバーが欲しいという方にはオススメ出来るクラブだと思います。
ちなみに僕の意見ではJPX900の方がスピン量が多めでつかまりも良い感じです。


2017-03-22 14:54:45投稿者 : 竹本直哉
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!